アトピー性皮膚炎に効果的な保湿ケア

アトピー性皮膚炎は大人でもとても辛い思いをすることになると思います。

ましてや、子どもがアトピー性皮膚炎になってしまったら、その苦痛は想像以上のものだと思われます。

アトピー性皮膚炎のせいで、かゆかったり痛かったり、自分の姿が嫌になって鏡を見るのも嫌がるような子どもたちもいます。

他の子どもと違ってアトピー性皮膚炎である自分を直視できないという現実は子どもたちにとって辛すぎると現実です。

精神的にも肉体的にも辛いアトピー性皮膚炎にとても効果があるといわれている保湿ケア化粧品に、みんなの肌潤糖があります。

みんなの肌潤糖は、自分の娘がアトピー性皮膚で苦しんでいる姿を見て、母親が単身アメリカに渡って研究を重ねて、アトピー性皮膚炎に効く保湿ケア化粧品を開発したものです。

みんなの肌潤糖は原料の80%を北海道のビート糖(てん菜糖)という砂糖、残りの20%を肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイルで作られています。

特殊技術で砂糖の角を丸く加工しています。

その砂糖をさらに植物性のオイルでコーティングしています。

そのため、赤ちゃんにも使いやすいようにみんなの肌潤糖は作られています。

赤ちゃんでも安心して使うことができるように作られているので、赤ちゃんだけでなく小さい子どもにも安心して使うことができます。

みんなの肌潤糖はモンドセレクションに4年連続で最高金賞を受賞しているので、いかに多くの人から支持されているかということがわかると思います。

みんなの肌潤糖は売り上げ実績日本一の保湿ケア化粧品で、濡らした肌の上で優しくなじませるだけで、砂糖の浸透力と吸水・保湿力で角質層まで潤いを素早く浸透させて、保持させることができます。

肌へ十分な潤いを届けて保持してバリア機能を向上させることができるので、アトピー性皮膚炎に効果があるといわけです。

キレイな手

肌の角質層に隙間があるため、隙間に刺激となるアレルゲンや紫外線が肌の内側に侵入してしまって、その結果、アトピー性皮膚炎などの皮膚の悩みを引き起こしてしまいます。

みんなの肌潤糖を使うことで、肌の角質層に隙間を作ることなく潤いを保持してバリア機能を向上させることができるので、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方に是非使っていただきたい保湿ケア化粧品です。

アトピー性皮膚炎にお悩みの方、是非試してみてください。

 

 

 

アトピー性皮膚炎に食べ物が関係している?

子どもがアトピー性皮膚炎になっても、親はなかなか気がつきにくいものです。

それは自分たちが子どもの頃はアトピー性皮膚炎という症状はあまりなかったので、自分たちが経験していないため、自分の子どもがアトピー性皮膚炎になったとしてもよくわからないんです。

子どもが皮膚でかゆがったり、痛がったりしたら、アトピー性皮膚炎を疑ってみてもいいのかもしれません。

アトピー性皮膚炎を放置しておくと、ますますかゆくなったり痛くなったりして、子どもたちに苦痛が伴うことになりますので、異変に気が付いたら早やめに皮膚科を受診することをおすすめします。

子どもがアトピー性皮膚炎になる原因といわれているものに、食べ物もあるといわれています。

赤ちゃんや幼児は消化器の機能が未熟なため、アトピー性皮膚炎のアレルゲンとなる物質が大人に比べて反応しやすいのが原因だといわれています。

アレルゲンとなる物質とは、卵、特に卵白がなりやすいといわれています。

卵

また、牛乳や乳製品、大豆や大豆製品、米、麦などもアトピー性皮膚炎を引き起こす原因となる可能性があるといわれています。

そのため、赤ちゃんや幼児はこれらの食べ物を摂るのはアトピー性皮膚炎のリスクを考慮した上で摂取した方がいいのかもしれません。

ちなみに、3歳を過ぎると、消化器機能が発達してくるので、食べ物によるアレルギーは少なくなるといわれています。

そのことからも、食べ物によるアトピー性皮膚炎は3歳までが要注意といえるのではないでしょうか。

特に3歳までの期間は、子どもたちもかゆかったり痛かったりしてもそれを親に訴えることは難しいので、アトピー性皮膚炎を発見するのが遅くなる可能性が高いと思われます。

アレルゲンの原因となる食べ物、特に卵白のような食べ物は、3歳までの時期はアレルギー反応を起こさないように注意しながら食べさせる必要があるようです。

食べ物でアトピー性皮膚炎になってしまっては、子ども自身もその食べ物に対してトラウマになってしまいます。

アトピー性皮膚炎にならないようにするためにも、親は可能な限りの配慮をした方が良さそうです。

幼児期や学童期に現れるアトピー性皮膚炎

早い子どもはアトピー性皮膚炎に乳児期になってしまいます。

乳児期にアトピー性皮膚炎にならなかったからといって、安心はできません。

アトピー性皮膚炎はある時、突然できてしまう可能性があります。

幼児期や学童期になってアトピー性皮膚炎の症状が現れる子どもたちもいます。

かゆがる男の子

この時期のアトピー性皮膚炎は全身に症状が現れる可能性があります。

たとえば、顔にアトピー性皮膚炎ができることがあります。

皮膚の表面がカサカサになってしまっている部分があったらアトピー性皮膚炎を疑ってもよいかもしれません。

顔にアトピー性皮膚炎ができた場合、日焼けができた時には、他の部分より新陳代謝が速いので、まわりに比べて日焼けの色が速く落ちるという症状が現れます。

こうしたように一部分だけ変わった症状が現れた時にはアトピー性皮膚炎を疑って皮膚科を受診する方が良いと思われます。

顔のほかにも様々な体の部分にアトピー性皮膚炎の症状は現れます。

耳の付け根が切れたような状態になっている場合、こちらもアトピー性皮膚炎の症状である可能性があります。

耳が切れて子どもが痛がっている場合には、アトピー性皮膚炎の可能性もあるので、皮膚科を受診するようにしましょう。

ほかには、腕や体の毛穴の部分に鳥肌のようにぶつぶつができている場合があります。

これもアトピー性皮膚炎の症状の一種ですので、寒くないのに鳥肌のような状態になっている時にはアトピー性皮膚炎を疑ってみるのがよさそうです。

また、腕や足などに、魚のうろこのような状態になっていることがあります。

これもアトピー性皮膚炎の症状です。

このほかには、手足の関節の内側の部分や首まわりに、赤くなったり、ブツブツしたものができたりすることもあります。

これらの症状もアトピー性皮膚炎の症状です。

子どもはこういったものができると、かゆくて爪でひっかいてしまうので、皮膚が余計に荒れてしまうおそれがあります。

そのため、子どもの肌の異変に早く親は気づく必要があります。

アトピー性皮膚炎になった場合、適切な治療を行うことで、アトピー性皮膚炎でない子どもたちと通常の生活を送ることができますので、早めに親が気づいてあげることがポイントだと思います。

アトピー性皮膚炎に赤ちゃんもなる

最近は、アトピー性皮膚炎がなる子供が多くなっています。

アトピー性皮膚炎になると子どもは想像以上にかゆかったり痛かったりして苦痛を味わうことになると思います。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期や学童期に発症することが多い病気だといわれています。

年齢による皮膚機能の変化や、生活環境の変化が症状にも影響するといわれています。

年齢による症状には特徴があります。

幼児期になるといわれているアトピー性皮膚炎は、赤くジクジクした湿疹が頭や顔を中心にできてしまうようです。

離乳期では、口のまわりや頬によくこうした赤いジクジクした湿疹がみられるといわれています。

早い子では、赤ちゃんの時からアトピー性皮膚炎になってしまうので、言葉が言えない赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に苦しむ姿は見るに堪えられないと思います。

赤ちゃんにこうした赤いジクジクした湿疹が見られる場合には、アトピー性皮膚炎を疑ってみてください。

赤ちゃんは特に自分でかゆみや痛みを訴えることはできません。

ただ泣いて、体の不調を訴えるしかできない状態です。

泣く赤ちゃん

ですので、お母さんが日々赤ちゃんを観察することで、早期発見につなげるようにしてください。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になると、大人の想像以上に赤ちゃんは苦しい思いをすることだと思われます。

赤ちゃんが苦しむ姿は見ていられません。

赤いジクジクの湿疹が赤ちゃんにできてしまっていたら、すぐにかかりつけの小児科に行って受診して赤ちゃんの湿疹の原因を探すようにしましょう。

赤ちゃんにできた赤いジクジクした湿疹がアトピー性皮膚炎だとわかった場合には、早期に対応できるように赤ちゃんのまわりの環境などを整えるようにしましょう。

病院で処方された薬などで少しはアトピー性皮膚炎が緩和されると思います。

ただ、このアトピー性皮膚炎が一時的なものなのか、ずっとこのまま付き合っていかないといけないものなのかは、見守っていくしかないと思います。

いずれにしてもアトピー性皮膚炎で苦しむのは子ども本人ですので、少しでもかゆみや痛みが和らぐように親として努力する必要があると思います。

 

見逃しがちなアトピー性皮膚炎

私たちが子どもだった頃には、アトピー性皮膚炎というものはなかったと思います。

そういうものは存在していませんでした。

ところが、現代の子どもたちには、アトピー性皮膚炎というものがあり、近年、急増している最もポピュラーな皮膚のアレルギーの病気だといわれています。

現代の子どもたちのアトピー性皮膚炎には様々な症状があるそうです。

しかし、症状がありすぎるために、アトピー性皮膚炎だとは気づかずに、そのままに放置してしまうことが多いようです。

アトピー性皮膚炎を放置しておくと、悪化する一方で、子どもたちはかゆくて爪でかいてしまったりして、皮膚に傷がついてしまうおそれがあります。

かゆがる男の子

子どもたちがかゆがったり、皮膚の不調を訴えたりしたら、アトピー性皮膚炎を疑った方が良いかもしれません。

なにせ、親世代がアトピー性皮膚炎というものを経験していないので、自分の子どもたちがアトピー性皮膚炎にかかっているとは夢にも思わないんです。

自分たちが経験していないと、経験値がないため、子どもたちの症状を見ただけで、どのような病気にかかっているのか親が判断することが難しくなってしまっています。

親も現代の子どもたちの病気についての情報を収集して、子どもたちの病気に敏感にしておく必要があると思います。

特にこのアトピー性皮膚炎に関しては、親になじみのない症状ですので、親が毎日、子どもたちの様子に敏感になっておく必要があります。

もし、子どもたちに皮膚をかいたり、異常を感じたりしている様子が見られる場合、アトピー性皮膚炎を疑ってみてもいいかもしれません。

それぐらいアトピー性皮膚炎はポピュラーな症状になっていますので、アトピー性皮膚炎を疑ってみて、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科では子どものアトピー性皮膚炎の症例について、様々な症例の情報をもっているので、皮膚科を受診することが1番の近道だと思います。

アトピー性皮膚炎について、情報収集して、ちょっと敏感になっておくぐらいがちょうどいいかもしれません。