身のまわりを清潔にしてアトピー性皮膚炎の悪化を防ぐ

アトピー性皮膚炎になってしまうと、かゆかったり痛かったりして、とても辛い状態になってしまいます。

大人でもアトピー性皮膚炎は辛いですので、子どもがアトピー性皮膚炎になるともっと辛いことがわかると思います。

子どもは大人のようにかゆいからといって皮膚をかかないようにしようなど自分を抑えることができませんので、アトピー性皮膚炎になってしまうと、より悪化してしまうことが予想されます。

アトピー性皮膚炎になるのを防いだり、なってしまったのを悪化させたりしないためには、身の回りを清潔に常に保つことが大切です。

清潔

皮膚が汚れたり、汗をかいたりすることはアトピー性皮膚炎の症状を悪化させてしまう原因となってしまいます。

そのためにも、常に体や子どもの周辺を清潔に保つ必要があるわけです。

子どもは大人より汗をかきやすいので、寝ている時にも大量の汗をかいてしまいます。

そのため、夜にお風呂に入るだけでなく、朝もシャワーで汗を流すように習慣づけるのをおすすめします。

汗をかくと、雑菌などを繁殖させることにもなるので、汗をかいたらできるだけ汗を拭きとる、または流す必要があります。

外に出かけた時にも、子どもたちはたくさん汗をかくと思います。

外出先でも汗をふきとることができるようなタオルや汗を拭きとるペーパーなどを持ち歩いて、こまめに汗を拭きとることが必要だと思います。

また、下着などをこまめに取り替えることで、子どもたちの体を清潔に保つ必要があります。

下着だけでなく、服や寝具なども常に清潔に保って、アトピー性皮膚炎にならないように、悪化しないようにする必要があります。

そのほかに、子どもたちが毎日過ごす環境を清潔にする必要があります。

ほこりなどはたまりやすいので、毎日掃除をしてほこりを排除する必要があります。

また、ほこりだけでなく、ダニなどもアトピー性皮膚炎になってしまう原因の1つです。

こまめに掃除をして、ほこりやダニのない状態を作り出す必要があります。

アトピー性皮膚炎にならないようにするために、アトピー性皮膚炎を悪化させないようにするために、子どもたちや子どもたちのまわりを清潔にして予防するようにすることをおすすめします。

 

腸内環境を整えるのもアトピー性皮膚炎には大切

アトピー性皮膚炎は、私たちが子どもの頃はあまりよく知られていない症状でした。

そのため、アトピー性皮膚炎に対して、私たち大人はあまり症状を理解していないことが多いと思われます。

しかし、最近の子どもたちの中には、アトピー性皮膚炎の症状になる子どもたちが増えています。

子どもたちがアトピー性皮膚炎にならないようにするためにも、アトピー性皮膚炎について理解しておく必要があります。

アトピー性皮膚炎になる原因として、腸内環境も関係しているといわれています。

腸内環境が良くないと、体の中から皮膚の免疫力を高めることができなくなります。

体内部から皮膚の免疫力を高めるためには、食べ物に注意して、腸内環境を整える必要があるともいわれています。

では、具体的に腸内環境を整えるためにはどうしたらよいのでしょうか。

腸内環境を整えるためには、胃に負担の少ない食べ物をなるべく食べるようにする必要があります。

たとえば、スナック菓子や揚げ物などの食べ過ぎは、油分が多いので、胃に良くない影響を及ぼすことが容易に想像できると思います。

また、ケーキやジュースなどの糖分の多い食べ物や飲み物なども胃に良い影響を及ぼしません。

糖分の摂りすぎにも注意する必要があります。

そのほかに、ファーストフードやアイスクリームなど栄養が少なかったり体の中から冷やすような食べ物もなども胃には良くありません。

簡単にまとめてしまうと、体に良くないような食べ物は、当然のように腸内環境のバランスを乱すということになります。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を活発化させる必要があります。

腸内には、善玉菌と悪玉菌がいます。

このバランスが崩れて、悪玉菌の方が優勢になると、腸内環境のバランスが崩れてしまいます。

そのためにも、善玉菌が増えるようなヨーグルトなどを積極的に摂って、腸内環境を整えるようにする必要があります。

ヨーグルト

体に良くない食べ物をあまり子どもに食べさせないようにすること、善玉菌が腸内まで届くようなものを食べること、これを行うことで腸内環境を整えることができて、アトピー性皮膚炎になるリスクを減らすことができます。

アトピー性皮膚炎になるのを防ぐためにも、アトピー性皮膚炎を悪化させないようにするためにも、腸内環境を整えるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎を予防するには保湿が重要

アトピー性皮膚炎は、大人がなっても辛い症状だと思います。

それが子どもになると、大人の想像以上に子どもはつらい思いをします。

たとえば、友達がアトピー性皮膚炎でない場合、変な目で見られたりすることもあるでしょう。

アトピー性皮膚炎ということを隠すために、半袖が着れなくて、暑くても長袖を着ざるを得ない子どももいると思います。

アトピー性皮膚炎ということが友達にばれないように気を使ったり、好奇な目で見られたりと、大人にはわからない子どもならではの悩みもあると思います。

そういったことも考えられるため、子どもがアトピー性皮膚炎になるのは、大人が想像しているよりはるかに辛いものなのです。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因の1つに、お肌の保湿不足というものがあげられます。

お肌には保湿が必要です。

保湿

正常なお肌には、水分が十分いきわたっています。

しかし、正常でないお肌は、水分がお肌から蒸発してしまい、角質細胞が水分不足の状態となってしまいます。

そのため、皮膚表面にあるバリア機能が低下してしまい、外部からの刺激に弱くなってしまい、アトピー性皮膚炎になる原因となってしまいます。

また、お肌が水分不足の状態だと、お肌の表面が乾燥してしまい、子どもたちは無意識にお肌をひっかいてしまうことが多くなってしまいます。

皮膚がかゆいからといってひっかいていると、それが外部からの刺激ということになり、アトピー性皮膚炎の原因にもつながってしまいます。

皮膚のひっかき傷やひっかく時の摩擦などによって、お肌が刺激を受けることになってしまいます。

これらも外部からの刺激ということになってしまい、アトピー性皮膚炎へとつながってしまいます。

こういったことを防ぐためにも、お肌の保湿は欠かせません。

お肌が乾燥していると、子どもたちは皮膚をひっかいていしまうので、ひっかかないようにお肌を乾燥させないようにする必要があります。

毎朝、毎晩、お肌を保湿ケアすることによって、乾燥肌を防ぐことができます。

お肌がしっとりした状態であれば、お肌が乾燥してかゆくなることもありません。

子どもには十分すぎるといってもいいほど、大人がお肌の保湿に注意してあげる必要があります。

 

シャンプーなどがアトピー性皮膚の原因に

大人でも辛いアトピー性皮膚炎。

これが子どもがアトピー性皮膚炎になるともっと辛いことだと思います。

子どもはどれぐらい辛いか症状を皮膚科などを受診しても、うまく伝えることはできません。

そのため、子どもがアトピー性皮膚炎にならないように、大人たちが気を付けてあげるしかありません。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因としていくつかが言われていますが、その子どもがどれが原因なのか初めからわかっているものではないので、大人は可能な限り、原因となるそれらを排除してあげる必要があります。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因の1つに、シャンプーやリンス、石けんなどがあるといわれています。

髪をシャンプーする様子

それらの有害物質が体の中に入って、それらが肝臓で代謝されないで体内に入ってきてしまって、これが蓄積されてアレルゲンとなって、アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまう可能性があるといわれています。

シャンプー、リンス、石けんなどの多くには界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤がエストロゲン作用を持っていて、リンパ細胞のバランスを崩してしまって、アレルギー症状を悪化させてしまうといわれています。

そうして、アレルギー症状が悪化することで、アトピー性皮膚炎へと症状がなってしまう可能性があるようです。

こうしたことからも、界面活性剤を避ける必要があると言えると思います。

可能な限り、子どもには界面活性剤が含まれていないシャンプー、リンス、石けんなどを使うようにして、有害物質が蓄積することを防ぐ必要があります。

こういった有害物質は年月をかけて蓄積されるものなので、それが許容量を超えたある時、アレルギー症状が悪化してしまうことが考えられます。

どれだけ蓄積されているのか目に見えるものではありませんので、蓄積されないようにするためにも、界面活性剤が含まれているものを可能な限り使わないように心がけるのが1番の近道だと考えることができます。

子どもがアトピー性皮膚炎にならないようにするためにも、可能な限り、大人がそういった努力をしてあげる必要があると思います。

 

アトピー性皮膚炎には環境が関係している?

アトピー性皮膚炎になると、かゆかったり痛かったりして苦痛が伴いますよね。

大人でも辛いアトピー性皮膚炎ですので、子どもがアトピー性皮膚炎になってしまったらもっと辛いことが容易に想像できます。

子どもがアトピー性皮膚炎になる原因として、3歳までは卵、牛乳、小麦、大豆などによる食べ物の影響があるといわれています。

そのため、3歳になるまでは卵、牛乳、小麦、大豆などの食べ物にはアトピー性皮膚炎になるというリスクが伴うということを配慮して、子どもにそれらを食べさせる必要があります。

また、3歳まではこれらの食べ物のほかに、ダニによる影響もアトピー性皮膚炎になってしまう原因にあると考えられています。

3歳以降になると、卵、牛乳、小麦、大豆などの食べ物によってアトピー性皮膚炎になるリスクはなくなるといわれています。

3歳以降は食べ物によるアトピー性皮膚炎の心配は必要なくなるので、それまでより食べ物に対して神経質になる必要はないようです。

3歳以降は、食べ物でなく、ダニや花粉などによってアトピー性皮膚炎になってしまう可能性が高くなるといわれています。

スギ花粉

こういったことからも、ダニや花粉に対してアレルギーを持っている人はアトピー性皮膚炎になる可能性があるということを頭に入れておく必要があるようです。

そのほかに、アトピー性皮膚炎になってしまう原因として、肌がかゆいためひっかいてしまうことで肌が悪化してアトピー性皮膚炎になってしまうという可能性もあるといわれています。

子どもが肌をかゆがる表情を見せたら、アトピー性皮膚炎になる前に皮膚科を受診するのが良いのではないでしょうか。

皮膚がかゆくてひっかいてしまい刺激を与えてしまうことのほかに、汗や乾燥によるものもアトピー性皮膚になってしまう原因だといわれています。

化学物質の刺激やストレスなどが原因でアトピー性皮膚炎になることもあるといわれていますので、可能な限り、子どもから化学物質やストレスなどを取り除いてあげる必要があると思われます。

 

アトピー性皮膚炎は体質が原因?

大人でもアトピー性皮膚炎になると辛いですよね。

今の大人が子どもの頃はアトピー性皮膚炎という症状はあまり知られていなかったので、アトピー性皮膚炎といってもピンとこない方も多いと思います。

大人がなっても辛いアトピー性皮膚炎ですから、子どもがアトピー性皮膚炎になってしまったら、もっと辛いはずです。

でも子どもは自分の症状を的確に伝えることは難しいです。

そのためにも、大人がアトピー性皮膚炎について理解しておく必要があります。

アトピー性皮膚炎は、体質が関係しているともいわれています。

家族にアレルギーを起こしやすい体質だと、子どももアレルギーを起こしやすい体質であると考えても良いようです。

人間の体には、体の中に入った特定の異物を除くという、免疫という仕組みが存在します。

この免疫は、アレルゲンと呼ばれる異物が体の中に入ってくると、それに対して反応して抗体を作って、異物を体の中から取り出そうとします。

アレルギー反応が起こる人は、この免疫の反応が異常に強く起こってしまいます。

必ずしも、アトピー性皮膚炎の人がこのアレルギー反応が強いとは限りませんが、アレルギー反応が強い人がアトピー性皮膚炎になってしまう可能性は十分考えられます。

アトピー性皮膚炎の人は、乾燥肌の状態であることが多いといわれています。

肌の保湿成分やセラミドが少なくて、乾燥肌であることが多いようです。

乾燥肌

乾燥肌であると、バリア機能が低下しているので、アレルゲンなどの異物が入りやすくなってしまっている状態になってしまっています。

そうなると、肌が敏感な状態に陥ってしまっていて、アトピー性皮膚炎になりやすくなってしまいます。

つまり、乾燥肌の状態であると、普通の人に比べてアトピー性皮膚炎になりやすい状態であるということがいえます。

こういうことからも、乾燥肌の状態であることを防ぐようにすることがアトピー性皮膚炎にならないように予防することができます。

乾燥肌で肌が敏感になってしまっていると、アトピー性皮膚炎になってしまいと悪循環に陥ってしまいますので、乾燥肌にならないように日頃から十分注意しておく必要があると思います。

アトピー性皮膚炎に効果的な保湿ケア

アトピー性皮膚炎は大人でもとても辛い思いをすることになると思います。

ましてや、子どもがアトピー性皮膚炎になってしまったら、その苦痛は想像以上のものだと思われます。

アトピー性皮膚炎のせいで、かゆかったり痛かったり、自分の姿が嫌になって鏡を見るのも嫌がるような子どもたちもいます。

他の子どもと違ってアトピー性皮膚炎である自分を直視できないという現実は子どもたちにとって辛すぎると現実です。

精神的にも肉体的にも辛いアトピー性皮膚炎にとても効果があるといわれている保湿ケア化粧品に、みんなの肌潤糖があります。

みんなの肌潤糖は、自分の娘がアトピー性皮膚で苦しんでいる姿を見て、母親が単身アメリカに渡って研究を重ねて、アトピー性皮膚炎に効く保湿ケア化粧品を開発したものです。

みんなの肌潤糖は原料の80%を北海道のビート糖(てん菜糖)という砂糖、残りの20%を肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイルで作られています。

特殊技術で砂糖の角を丸く加工しています。

その砂糖をさらに植物性のオイルでコーティングしています。

そのため、赤ちゃんにも使いやすいようにみんなの肌潤糖は作られています。

赤ちゃんでも安心して使うことができるように作られているので、赤ちゃんだけでなく小さい子どもにも安心して使うことができます。

みんなの肌潤糖はモンドセレクションに4年連続で最高金賞を受賞しているので、いかに多くの人から支持されているかということがわかると思います。

みんなの肌潤糖は売り上げ実績日本一の保湿ケア化粧品で、濡らした肌の上で優しくなじませるだけで、砂糖の浸透力と吸水・保湿力で角質層まで潤いを素早く浸透させて、保持させることができます。

肌へ十分な潤いを届けて保持してバリア機能を向上させることができるので、アトピー性皮膚炎に効果があるといわけです。

キレイな手

肌の角質層に隙間があるため、隙間に刺激となるアレルゲンや紫外線が肌の内側に侵入してしまって、その結果、アトピー性皮膚炎などの皮膚の悩みを引き起こしてしまいます。

みんなの肌潤糖を使うことで、肌の角質層に隙間を作ることなく潤いを保持してバリア機能を向上させることができるので、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方に是非使っていただきたい保湿ケア化粧品です。

アトピー性皮膚炎にお悩みの方、是非試してみてください。

 

 

 

アトピー性皮膚炎に食べ物が関係している?

子どもがアトピー性皮膚炎になっても、親はなかなか気がつきにくいものです。

それは自分たちが子どもの頃はアトピー性皮膚炎という症状はあまりなかったので、自分たちが経験していないため、自分の子どもがアトピー性皮膚炎になったとしてもよくわからないんです。

子どもが皮膚でかゆがったり、痛がったりしたら、アトピー性皮膚炎を疑ってみてもいいのかもしれません。

アトピー性皮膚炎を放置しておくと、ますますかゆくなったり痛くなったりして、子どもたちに苦痛が伴うことになりますので、異変に気が付いたら早やめに皮膚科を受診することをおすすめします。

子どもがアトピー性皮膚炎になる原因といわれているものに、食べ物もあるといわれています。

赤ちゃんや幼児は消化器の機能が未熟なため、アトピー性皮膚炎のアレルゲンとなる物質が大人に比べて反応しやすいのが原因だといわれています。

アレルゲンとなる物質とは、卵、特に卵白がなりやすいといわれています。

卵

また、牛乳や乳製品、大豆や大豆製品、米、麦などもアトピー性皮膚炎を引き起こす原因となる可能性があるといわれています。

そのため、赤ちゃんや幼児はこれらの食べ物を摂るのはアトピー性皮膚炎のリスクを考慮した上で摂取した方がいいのかもしれません。

ちなみに、3歳を過ぎると、消化器機能が発達してくるので、食べ物によるアレルギーは少なくなるといわれています。

そのことからも、食べ物によるアトピー性皮膚炎は3歳までが要注意といえるのではないでしょうか。

特に3歳までの期間は、子どもたちもかゆかったり痛かったりしてもそれを親に訴えることは難しいので、アトピー性皮膚炎を発見するのが遅くなる可能性が高いと思われます。

アレルゲンの原因となる食べ物、特に卵白のような食べ物は、3歳までの時期はアレルギー反応を起こさないように注意しながら食べさせる必要があるようです。

食べ物でアトピー性皮膚炎になってしまっては、子ども自身もその食べ物に対してトラウマになってしまいます。

アトピー性皮膚炎にならないようにするためにも、親は可能な限りの配慮をした方が良さそうです。

幼児期や学童期に現れるアトピー性皮膚炎

早い子どもはアトピー性皮膚炎に乳児期になってしまいます。

乳児期にアトピー性皮膚炎にならなかったからといって、安心はできません。

アトピー性皮膚炎はある時、突然できてしまう可能性があります。

幼児期や学童期になってアトピー性皮膚炎の症状が現れる子どもたちもいます。

かゆがる男の子

この時期のアトピー性皮膚炎は全身に症状が現れる可能性があります。

たとえば、顔にアトピー性皮膚炎ができることがあります。

皮膚の表面がカサカサになってしまっている部分があったらアトピー性皮膚炎を疑ってもよいかもしれません。

顔にアトピー性皮膚炎ができた場合、日焼けができた時には、他の部分より新陳代謝が速いので、まわりに比べて日焼けの色が速く落ちるという症状が現れます。

こうしたように一部分だけ変わった症状が現れた時にはアトピー性皮膚炎を疑って皮膚科を受診する方が良いと思われます。

顔のほかにも様々な体の部分にアトピー性皮膚炎の症状は現れます。

耳の付け根が切れたような状態になっている場合、こちらもアトピー性皮膚炎の症状である可能性があります。

耳が切れて子どもが痛がっている場合には、アトピー性皮膚炎の可能性もあるので、皮膚科を受診するようにしましょう。

ほかには、腕や体の毛穴の部分に鳥肌のようにぶつぶつができている場合があります。

これもアトピー性皮膚炎の症状の一種ですので、寒くないのに鳥肌のような状態になっている時にはアトピー性皮膚炎を疑ってみるのがよさそうです。

また、腕や足などに、魚のうろこのような状態になっていることがあります。

これもアトピー性皮膚炎の症状です。

このほかには、手足の関節の内側の部分や首まわりに、赤くなったり、ブツブツしたものができたりすることもあります。

これらの症状もアトピー性皮膚炎の症状です。

子どもはこういったものができると、かゆくて爪でひっかいてしまうので、皮膚が余計に荒れてしまうおそれがあります。

そのため、子どもの肌の異変に早く親は気づく必要があります。

アトピー性皮膚炎になった場合、適切な治療を行うことで、アトピー性皮膚炎でない子どもたちと通常の生活を送ることができますので、早めに親が気づいてあげることがポイントだと思います。

アトピー性皮膚炎に赤ちゃんもなる

最近は、アトピー性皮膚炎がなる子供が多くなっています。

アトピー性皮膚炎になると子どもは想像以上にかゆかったり痛かったりして苦痛を味わうことになると思います。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期や学童期に発症することが多い病気だといわれています。

年齢による皮膚機能の変化や、生活環境の変化が症状にも影響するといわれています。

年齢による症状には特徴があります。

幼児期になるといわれているアトピー性皮膚炎は、赤くジクジクした湿疹が頭や顔を中心にできてしまうようです。

離乳期では、口のまわりや頬によくこうした赤いジクジクした湿疹がみられるといわれています。

早い子では、赤ちゃんの時からアトピー性皮膚炎になってしまうので、言葉が言えない赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に苦しむ姿は見るに堪えられないと思います。

赤ちゃんにこうした赤いジクジクした湿疹が見られる場合には、アトピー性皮膚炎を疑ってみてください。

赤ちゃんは特に自分でかゆみや痛みを訴えることはできません。

ただ泣いて、体の不調を訴えるしかできない状態です。

泣く赤ちゃん

ですので、お母さんが日々赤ちゃんを観察することで、早期発見につなげるようにしてください。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になると、大人の想像以上に赤ちゃんは苦しい思いをすることだと思われます。

赤ちゃんが苦しむ姿は見ていられません。

赤いジクジクの湿疹が赤ちゃんにできてしまっていたら、すぐにかかりつけの小児科に行って受診して赤ちゃんの湿疹の原因を探すようにしましょう。

赤ちゃんにできた赤いジクジクした湿疹がアトピー性皮膚炎だとわかった場合には、早期に対応できるように赤ちゃんのまわりの環境などを整えるようにしましょう。

病院で処方された薬などで少しはアトピー性皮膚炎が緩和されると思います。

ただ、このアトピー性皮膚炎が一時的なものなのか、ずっとこのまま付き合っていかないといけないものなのかは、見守っていくしかないと思います。

いずれにしてもアトピー性皮膚炎で苦しむのは子ども本人ですので、少しでもかゆみや痛みが和らぐように親として努力する必要があると思います。