アトピー性皮膚炎に赤ちゃんもなる

最近は、アトピー性皮膚炎がなる子供が多くなっています。

アトピー性皮膚炎になると子どもは想像以上にかゆかったり痛かったりして苦痛を味わうことになると思います。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期や学童期に発症することが多い病気だといわれています。

年齢による皮膚機能の変化や、生活環境の変化が症状にも影響するといわれています。

年齢による症状には特徴があります。

幼児期になるといわれているアトピー性皮膚炎は、赤くジクジクした湿疹が頭や顔を中心にできてしまうようです。

離乳期では、口のまわりや頬によくこうした赤いジクジクした湿疹がみられるといわれています。

早い子では、赤ちゃんの時からアトピー性皮膚炎になってしまうので、言葉が言えない赤ちゃんがアトピー性皮膚炎に苦しむ姿は見るに堪えられないと思います。

赤ちゃんにこうした赤いジクジクした湿疹が見られる場合には、アトピー性皮膚炎を疑ってみてください。

赤ちゃんは特に自分でかゆみや痛みを訴えることはできません。

ただ泣いて、体の不調を訴えるしかできない状態です。

泣く赤ちゃん

ですので、お母さんが日々赤ちゃんを観察することで、早期発見につなげるようにしてください。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になると、大人の想像以上に赤ちゃんは苦しい思いをすることだと思われます。

赤ちゃんが苦しむ姿は見ていられません。

赤いジクジクの湿疹が赤ちゃんにできてしまっていたら、すぐにかかりつけの小児科に行って受診して赤ちゃんの湿疹の原因を探すようにしましょう。

赤ちゃんにできた赤いジクジクした湿疹がアトピー性皮膚炎だとわかった場合には、早期に対応できるように赤ちゃんのまわりの環境などを整えるようにしましょう。

病院で処方された薬などで少しはアトピー性皮膚炎が緩和されると思います。

ただ、このアトピー性皮膚炎が一時的なものなのか、ずっとこのまま付き合っていかないといけないものなのかは、見守っていくしかないと思います。

いずれにしてもアトピー性皮膚炎で苦しむのは子ども本人ですので、少しでもかゆみや痛みが和らぐように親として努力する必要があると思います。