幼児期や学童期に現れるアトピー性皮膚炎

早い子どもはアトピー性皮膚炎に乳児期になってしまいます。

乳児期にアトピー性皮膚炎にならなかったからといって、安心はできません。

アトピー性皮膚炎はある時、突然できてしまう可能性があります。

幼児期や学童期になってアトピー性皮膚炎の症状が現れる子どもたちもいます。

かゆがる男の子

この時期のアトピー性皮膚炎は全身に症状が現れる可能性があります。

たとえば、顔にアトピー性皮膚炎ができることがあります。

皮膚の表面がカサカサになってしまっている部分があったらアトピー性皮膚炎を疑ってもよいかもしれません。

顔にアトピー性皮膚炎ができた場合、日焼けができた時には、他の部分より新陳代謝が速いので、まわりに比べて日焼けの色が速く落ちるという症状が現れます。

こうしたように一部分だけ変わった症状が現れた時にはアトピー性皮膚炎を疑って皮膚科を受診する方が良いと思われます。

顔のほかにも様々な体の部分にアトピー性皮膚炎の症状は現れます。

耳の付け根が切れたような状態になっている場合、こちらもアトピー性皮膚炎の症状である可能性があります。

耳が切れて子どもが痛がっている場合には、アトピー性皮膚炎の可能性もあるので、皮膚科を受診するようにしましょう。

ほかには、腕や体の毛穴の部分に鳥肌のようにぶつぶつができている場合があります。

これもアトピー性皮膚炎の症状の一種ですので、寒くないのに鳥肌のような状態になっている時にはアトピー性皮膚炎を疑ってみるのがよさそうです。

また、腕や足などに、魚のうろこのような状態になっていることがあります。

これもアトピー性皮膚炎の症状です。

このほかには、手足の関節の内側の部分や首まわりに、赤くなったり、ブツブツしたものができたりすることもあります。

これらの症状もアトピー性皮膚炎の症状です。

子どもはこういったものができると、かゆくて爪でひっかいてしまうので、皮膚が余計に荒れてしまうおそれがあります。

そのため、子どもの肌の異変に早く親は気づく必要があります。

アトピー性皮膚炎になった場合、適切な治療を行うことで、アトピー性皮膚炎でない子どもたちと通常の生活を送ることができますので、早めに親が気づいてあげることがポイントだと思います。