アトピー性皮膚炎に食べ物が関係している?

子どもがアトピー性皮膚炎になっても、親はなかなか気がつきにくいものです。

それは自分たちが子どもの頃はアトピー性皮膚炎という症状はあまりなかったので、自分たちが経験していないため、自分の子どもがアトピー性皮膚炎になったとしてもよくわからないんです。

子どもが皮膚でかゆがったり、痛がったりしたら、アトピー性皮膚炎を疑ってみてもいいのかもしれません。

アトピー性皮膚炎を放置しておくと、ますますかゆくなったり痛くなったりして、子どもたちに苦痛が伴うことになりますので、異変に気が付いたら早やめに皮膚科を受診することをおすすめします。

子どもがアトピー性皮膚炎になる原因といわれているものに、食べ物もあるといわれています。

赤ちゃんや幼児は消化器の機能が未熟なため、アトピー性皮膚炎のアレルゲンとなる物質が大人に比べて反応しやすいのが原因だといわれています。

アレルゲンとなる物質とは、卵、特に卵白がなりやすいといわれています。

卵

また、牛乳や乳製品、大豆や大豆製品、米、麦などもアトピー性皮膚炎を引き起こす原因となる可能性があるといわれています。

そのため、赤ちゃんや幼児はこれらの食べ物を摂るのはアトピー性皮膚炎のリスクを考慮した上で摂取した方がいいのかもしれません。

ちなみに、3歳を過ぎると、消化器機能が発達してくるので、食べ物によるアレルギーは少なくなるといわれています。

そのことからも、食べ物によるアトピー性皮膚炎は3歳までが要注意といえるのではないでしょうか。

特に3歳までの期間は、子どもたちもかゆかったり痛かったりしてもそれを親に訴えることは難しいので、アトピー性皮膚炎を発見するのが遅くなる可能性が高いと思われます。

アレルゲンの原因となる食べ物、特に卵白のような食べ物は、3歳までの時期はアレルギー反応を起こさないように注意しながら食べさせる必要があるようです。

食べ物でアトピー性皮膚炎になってしまっては、子ども自身もその食べ物に対してトラウマになってしまいます。

アトピー性皮膚炎にならないようにするためにも、親は可能な限りの配慮をした方が良さそうです。