アトピー性皮膚炎には環境が関係している?

アトピー性皮膚炎になると、かゆかったり痛かったりして苦痛が伴いますよね。

大人でも辛いアトピー性皮膚炎ですので、子どもがアトピー性皮膚炎になってしまったらもっと辛いことが容易に想像できます。

子どもがアトピー性皮膚炎になる原因として、3歳までは卵、牛乳、小麦、大豆などによる食べ物の影響があるといわれています。

そのため、3歳になるまでは卵、牛乳、小麦、大豆などの食べ物にはアトピー性皮膚炎になるというリスクが伴うということを配慮して、子どもにそれらを食べさせる必要があります。

また、3歳まではこれらの食べ物のほかに、ダニによる影響もアトピー性皮膚炎になってしまう原因にあると考えられています。

3歳以降になると、卵、牛乳、小麦、大豆などの食べ物によってアトピー性皮膚炎になるリスクはなくなるといわれています。

3歳以降は食べ物によるアトピー性皮膚炎の心配は必要なくなるので、それまでより食べ物に対して神経質になる必要はないようです。

3歳以降は、食べ物でなく、ダニや花粉などによってアトピー性皮膚炎になってしまう可能性が高くなるといわれています。

スギ花粉

こういったことからも、ダニや花粉に対してアレルギーを持っている人はアトピー性皮膚炎になる可能性があるということを頭に入れておく必要があるようです。

そのほかに、アトピー性皮膚炎になってしまう原因として、肌がかゆいためひっかいてしまうことで肌が悪化してアトピー性皮膚炎になってしまうという可能性もあるといわれています。

子どもが肌をかゆがる表情を見せたら、アトピー性皮膚炎になる前に皮膚科を受診するのが良いのではないでしょうか。

皮膚がかゆくてひっかいてしまい刺激を与えてしまうことのほかに、汗や乾燥によるものもアトピー性皮膚になってしまう原因だといわれています。

化学物質の刺激やストレスなどが原因でアトピー性皮膚炎になることもあるといわれていますので、可能な限り、子どもから化学物質やストレスなどを取り除いてあげる必要があると思われます。