シャンプーなどがアトピー性皮膚の原因に

大人でも辛いアトピー性皮膚炎。

これが子どもがアトピー性皮膚炎になるともっと辛いことだと思います。

子どもはどれぐらい辛いか症状を皮膚科などを受診しても、うまく伝えることはできません。

そのため、子どもがアトピー性皮膚炎にならないように、大人たちが気を付けてあげるしかありません。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因としていくつかが言われていますが、その子どもがどれが原因なのか初めからわかっているものではないので、大人は可能な限り、原因となるそれらを排除してあげる必要があります。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因の1つに、シャンプーやリンス、石けんなどがあるといわれています。

髪をシャンプーする様子

それらの有害物質が体の中に入って、それらが肝臓で代謝されないで体内に入ってきてしまって、これが蓄積されてアレルゲンとなって、アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまう可能性があるといわれています。

シャンプー、リンス、石けんなどの多くには界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤がエストロゲン作用を持っていて、リンパ細胞のバランスを崩してしまって、アレルギー症状を悪化させてしまうといわれています。

そうして、アレルギー症状が悪化することで、アトピー性皮膚炎へと症状がなってしまう可能性があるようです。

こうしたことからも、界面活性剤を避ける必要があると言えると思います。

可能な限り、子どもには界面活性剤が含まれていないシャンプー、リンス、石けんなどを使うようにして、有害物質が蓄積することを防ぐ必要があります。

こういった有害物質は年月をかけて蓄積されるものなので、それが許容量を超えたある時、アレルギー症状が悪化してしまうことが考えられます。

どれだけ蓄積されているのか目に見えるものではありませんので、蓄積されないようにするためにも、界面活性剤が含まれているものを可能な限り使わないように心がけるのが1番の近道だと考えることができます。

子どもがアトピー性皮膚炎にならないようにするためにも、可能な限り、大人がそういった努力をしてあげる必要があると思います。