アトピー性皮膚炎を予防するには保湿が重要

アトピー性皮膚炎は、大人がなっても辛い症状だと思います。

それが子どもになると、大人の想像以上に子どもはつらい思いをします。

たとえば、友達がアトピー性皮膚炎でない場合、変な目で見られたりすることもあるでしょう。

アトピー性皮膚炎ということを隠すために、半袖が着れなくて、暑くても長袖を着ざるを得ない子どももいると思います。

アトピー性皮膚炎ということが友達にばれないように気を使ったり、好奇な目で見られたりと、大人にはわからない子どもならではの悩みもあると思います。

そういったことも考えられるため、子どもがアトピー性皮膚炎になるのは、大人が想像しているよりはるかに辛いものなのです。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因の1つに、お肌の保湿不足というものがあげられます。

お肌には保湿が必要です。

保湿

正常なお肌には、水分が十分いきわたっています。

しかし、正常でないお肌は、水分がお肌から蒸発してしまい、角質細胞が水分不足の状態となってしまいます。

そのため、皮膚表面にあるバリア機能が低下してしまい、外部からの刺激に弱くなってしまい、アトピー性皮膚炎になる原因となってしまいます。

また、お肌が水分不足の状態だと、お肌の表面が乾燥してしまい、子どもたちは無意識にお肌をひっかいてしまうことが多くなってしまいます。

皮膚がかゆいからといってひっかいていると、それが外部からの刺激ということになり、アトピー性皮膚炎の原因にもつながってしまいます。

皮膚のひっかき傷やひっかく時の摩擦などによって、お肌が刺激を受けることになってしまいます。

これらも外部からの刺激ということになってしまい、アトピー性皮膚炎へとつながってしまいます。

こういったことを防ぐためにも、お肌の保湿は欠かせません。

お肌が乾燥していると、子どもたちは皮膚をひっかいていしまうので、ひっかかないようにお肌を乾燥させないようにする必要があります。

毎朝、毎晩、お肌を保湿ケアすることによって、乾燥肌を防ぐことができます。

お肌がしっとりした状態であれば、お肌が乾燥してかゆくなることもありません。

子どもには十分すぎるといってもいいほど、大人がお肌の保湿に注意してあげる必要があります。